タクシー運転手を目指す人必見!自動運転で失業?!

まず、自動運転とは?

自動運転とは、人工知能などのシステムが人の代わりに運転してくれることを意味し、レベル分けがされていています。

レベル0は、自動運転の機能がついていないものです。
レベル1は、運転支援の機能がついているものです。これは、一部の運転操作のサポートのことです。
レベル2は、部分運転自動化の機能がついているものです。これは、複数の運転操作のサポートのことです。
レベル3は、条件付き自動運転の機能がついているものです。これは、手動運転の必要性を感じない場合に全自動運転にできる機能です。
レベル4は、高度自動運転です。これは、条件を満たしていれば運転手が乗らなくても良いという機能です。
レベル5は、完全自動運転で、どのような状況下でも運転手のいらない機能です。

では、自動運転の現状は?

現在、販売されている自動車のほとんどがレベル0~2のものです。
運転手が完全に必要なくなるのはレベル5ですから、まだまだタクシーの運転手の需要は無くならないでしょう。

また、レベル5の自動運転が一般的に普及したとしても、運転手が独自に持っている特有の情報をお客様に伝えることや、車内での雑談などは一定数需要があるように思えます。

タクシー運転手になるには?

タクシーの運転手になりたいとお考えの方のために必要な条件をまとめました。

まずは、普通自動車第二種運転免許です。二種免許を取得するためには、一種免許を取得してから3年以上経過している必要があります。
なお、二種免許の取得費用を負担してくれる会社もあるので、入社時に普通自動車第二種運転免許を取得していなくても問題ない場合もあります。
そして、心身の健康。意外にも、必要な条件はこれだけです。
敷居の低い職業なためなりやすいと言えます。

役員運転手の仕事は企業の役員から車の運転を依頼され、指定された時間に遅れないように経路を決めることが大事です。