社員研修のメニューは社員が求めているものから作る!

社員研修は社員が求めていることを実施する

社員が求めている研修というものがあります。会社で必要となる技術や考え方が足りないと感じている時には、研修で学びたいと思うものです。そのような研修を会社側が実施することで、社員の技術の向上に役立つのです。しかし、この求めているものを実施するというのは簡単ではありません。何を求めているか分からないからです。そこで大事になるのが、社員がしてほしい社員研修の要望を形にするシステムです。アンケートでもいいですし、直接聞く形でもいいですので、社員の声を研修に反映させることが大事になります。社員は聞かなければ答えることはありませんので、会社側が聞くことが大切です。

会社がして欲しい研修と組み合わせる

社員が求める研修だけでは会社が学んでほしいこととは違うものになることがあります。そのような場合は会社側がしてほしい研修と組み合わせるといいでしょう。会社側の望む研修を第一部にして、社員がしたい研修を第二部にすれば、社員のモチベーションは維持できます。会社が望む研修だけでは参加率や修得率が低くなる可能性は高いです。会社側に押し付けられることを社員が嫌がるからです。それでも成長してほしい場合には二つの研修を組わせることが大事になります。

社員のやる気を引き出すために

社員のやる気は自分で参加しているという自主性から生まれます。参加していると認識してもらうために、社員研修のメニュー作りに参加させることはいい手段でしょう。どのような内容にするかという提案段階から参加させます。それができればやる気を引き出すことにつながるのです。

mg研修のmgとは「マネジメント・ゲーム」の略称で、シミュレーションゲームを通じ、経営の疑似体験ができる研修を指します。現在あるのは、ボードゲーム版とオンラインゲーム版です。