タイムカードアプリが企業の業務効率化に繋がる理由

タイムカードアプリはどのような場面で活用されるか

タイムカードアプリは、従業員がそれぞれスマホやダブレットで自分の稼働時間や残業時間を把握することができるアプリです。タイムカードや手書きの出勤簿と比べると不正が少なく、正確な勤怠管理ができます。例えば、営業先や派遣先からの打刻のような、従来の勤怠管理では作業がしにくかったものでもスマホを使えば管理しやすくなり、他店舗へヘルプで行く場合でも、タイムカードを作り直す必要もありません。

タイムカードアプリのメリット・デメリット

タイムカードアプリを導入して得られる最大のメリットは、コストの削減です。大きな企業だと、社員全員に使われるタイムカードやそれを集計する作業時間を考えると、かなりの費用がかかります。アプリを使うと、タイムカードの紙費用がかからず、集計に時間を取られることもなくなるので労働時間もカットできます。

しかし、タイムカードアプリの導入は、効率が良いように見えますが、人事担当者など経営層の理解が得づらいのがデメリットです。利益を生むためのシステムではないため、従来のタイムカードとの違いがわかりにくく、経営者側には疑問に思われてしまいます。

タイムカードアプリを選ぶコツは

タイムカードアプリの機能で、時給や月給、また住宅費や交通費などの各種手当てが、各自従業員ごとに自由に設定ができます。このように勤怠を自己管理できるので、会社にとっても社員全員の勤怠管理がスムーズになり、業務の効率化に繋がっていくのです。アプリを選ぶには、営業など外回りの多い企業には、GPS機能つきのような会社の形態に合ったアプリを導入するようにしましょう。

勤怠管理、給与計算、シフト管理までスマホで誰でも簡単に出来るタイムカードアプリはとても便利なアプリです。